通関士 独学

通関士試験において独学をおススメできない理由

通関士の試験に合格するための勉強を、独学でしているという人や、これからしようと思っている人は、本当に合格することを考えているのであれば、独学というのはおすすめできません。

 

 

通関士の試験を受けるための勉強量がとても多いというのはもちろんですが、試験に対する対策として、ポイントを絞って勉強することが難しいんです

 

参考書を集めただけでもめまいがするような量があって、その中には取引に関してのことや法律に関することなどがあり、全て自分で理解していくというのは大変なことです。

 

もし、わからないことがあっても、それを自分で解決して納得することができません。

 

それに、疲れていて時間が無かったりすれば、ついつい勉強しないで眠ってしまったりすることもあるし、的を得て勉強することができないので、全てを頭に詰め込まなければならず、順番に覚えて行くようにして、最後のほうになったらはじめに勉強したことを忘れてしまったりしますよね。

 

そんなことを繰り返してしまうと、段々勉強するのが嫌になってしまうし、挫折してしまうなんていうことにもなりかねません。

 

独学で頑張っていこうという気持ちがあっても、実際にはついていけずに、投げ出してしまったり、どうしていいのかわからずに、壁にぶつかってしまったりします。

 

参考書を買い集めるにもお金がかかってしまうし、知らないうちに何万も使ってしまった。なんてことにもなってしまいます。

 

こうしたことを考えてみると、独学での勉強はオススメできないということがわかりますね。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

独学をおススメできない理由関連ページ

私の通関士試験体験記
実際に通関士資格スクールに資料請求し、おススメの通信講座をランキングにして紹介しています。パンフレットの画像満載です。
通関士試験合格体験記
実際に通関士資格スクールに資料請求し、おススメの通信講座をランキングにして紹介しています。パンフレットの画像満載です。
通信講座がおススメの理由
通関士試験に短期合格するための勉強方法として通信がおススメです。その理由とは?
勉強手段(通学・通信・独学)
通関士に合格するための勉強手段として通学・通信独学があります。それぞれの勉強方法について説明しました。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法