通関士 合格体験記

わたしの通関士試験体験記

私が通関士試験を受けたのは2015年のことでした。
知り合いが小さな貿易会社をやっているのですが、当時ちょうど人出が足りなくて新社員を募集していたのです。

 

その頃の私は大学を卒業してすぐくらいで、これも小さな出版社に務めていたのですが、人間関係のこじれから転職を希望していました。
そこに知り合いの会社の報せが来たので応募してみたんです。

 

その時の面接で、将来的に通関士の資格をとって業務にあたってもらうこと、と云うのが条件となって採用されました。

 

これが私が通関士試験を受けた理由です。
要するに就職のためですね。

 

大学でも商学部で貿易関係のゼミにいたこともあって、この方面を考えていたというのもあるんですけれど。

 

で、試験に向けての日々が始まりました。
就職して後の受験でしたので、知り合いの会社で働きながらの試験勉強でした。

 

私の場合は昼間は忙しいものの、夜間はある程度定時あがりを許してもらえましたので、TACの「短期合格講座」を利用しました。

 

ここは夜間でも校舎によっては教室講座が開講していますし、ビデオ(DVD)講座なるものも整備されています。

 

とくにビデオ(DVD)講座は急の残業などで聞き逃した講義をビデオで補完することも出来ますし、わかりにくかったところをもう一度見なおすことができてとても役立ちました。

 

テキストとして使用した「通関士 スピードテキスト」はコンパクトに纏められていて、とても理解しやすいものでしたし、過去問題集である「通関士 スピードマスター過去問題集」も解説までしっかりと記入されて、自学自習に役立ちました。

 

とりわけ、過去問題集はいつも鞄の中に入れていまして、出社・帰社の間の移動時間や寝る前など細切れの時間にもなるべく目を通すようにしていました。

 

試験が近づいてくるとどんどん問題を解いていく「直前答練」の時間や「直前模試」が実施され、本番さながらに試験への大作が進んでいます。

 

このカリキュラムに沿って、私は5ヶ月ほどで通関士試験を合格できました。
皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

私の通関士試験体験記関連ページ

通関士試験合格体験記
実際に通関士資格スクールに資料請求し、おススメの通信講座をランキングにして紹介しています。パンフレットの画像満載です。
通信講座がおススメの理由
通関士試験に短期合格するための勉強方法として通信がおススメです。その理由とは?
勉強手段(通学・通信・独学)
通関士に合格するための勉強手段として通学・通信独学があります。それぞれの勉強方法について説明しました。
独学をおススメできない理由
通関士試験においては、独学は効率が悪くおススメできません。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法