通関士 仕事内容 適性

通関士の仕事内容と適性

通関士の仕事って具体的にどんなことをするのかがわからず、目指したいけど悩んでしまっているという人もいると思います。

 

何か大きな荷物を運んだりしなければならないのかな。なんて不安になったり、外人とのやり取りをしなければいけないのかな。
英語には自信がないから、英会話を習わなければいけないのかな?

 

などと思ったりもしてしまいますよね。

 

でも基本的には通関士の仕事は事務です。
輸入されてきた商品に対しての関税を決めたり、書類との間違いがないかどうかを確認したりすることがほとんどです。

 

まれに荷物の検品があり、梱包を開けて中身の確認をしたりするような仕事もありますが、これにもそんなに力は使いません。

 

事務作業が多いので、黙々としたことが苦手だという人には向かないかもしれませんね。

 

それから勤務先については、空港や空港の近くになることがほとんどなので、
騒音が苦手だという人にも向いていないと思います。

 

そうでなければ、特に力も必要ないし、英会話も必要ありません。

 

外国との直接取引をするわけじゃないし、英語に関しては単語が読めるのであれば、心配することはありません。

 

輸入している人からの問い合わせや、こちらから商品についての連絡をしたりすることもあるので、
そういった部分で常識的な判断と会話ができれば、適性だと言えると思います。

 

そんなに細かなことは必要ありませんし、関税や通関に関しての知識があれば、業務は問題なくこなしていくことができます。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

仕事内容と適性関連ページ

収入・年収・給料は?
通関士の収入・年収・給料を調べました。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法