通関士 英語力

通関士試験に英語力は必要か

通関士を目指していきたいと思っている人の中には、職業柄英語が出来なければいけないと思っている人もいるようですが、必ずしも英語が出来なければいけない訳じゃありません。

 

基本的には決まった単語しか使いませんから、英会話などのレベルがなくても、中学で学んだレベルの英語ができていれば、それで充分だと言われています。

 

もちろん英会話ができたりすれば、企業といっても空港に携わるような職場に勤務をすることができたりしますが、そうでなくても職場は沢山ありますから、そんなに心配することはないと思います。

 

 

でも勤務で使用する単語くらいは勉強をしておいたほうがいいと思う人もいると思いますが、勉強をしているうちに勤務に必要な単語は自然と覚えていきますから、わざわざ勉強をする必要はありません。

 

 

どうしても空港や有名な大手企業に入りたいとか、海外勤務をしていきたいと思っているのであれば、もちろん英会話などの実力が必要になってきますが、国内で通関士として働ければそれでいいと思っているのであれば、敢えて別々に勉強をしなくても問題ありません。

 

それよりも、関税についてなどの細かな分野についてしっかりと学んでおくほうが大切です。

 

毎年この分野で問題に引っ掛かってしまう人がとても沢山いますから、特に何度も繰り返して行うようにすることが肝心なんです。

 

自分だけで勉強をしていても、どうしてもわからないという場合には、通信講座を利用して、細かなことを頭に叩き込んでおくと、試験でも引っ掛かることもなくなります。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

通関士に英語力は必要か関連ページ

通関士試験の受験資格
通関士の試験を受けるための受験資格はというと、特に決まったことはありません。 いつでも目指そうと思えば誰にでもチャンスがあります。
通関士試験の科目・配点・出題形式は?
通関士試験の出題科目・配点・出題形式について調べました。
通関士試験の合格率は?
国家試験である通関士は、試験を受けた人のどのくらいが合格しているのかというと、ここ5年間で見てみると、平成20年度を除いて10パーセントを切る低い合格率になっています。
貿易事務・宅建の難易度比較
通関士の資格と良く比較されるのが宅建や貿易事務の資格です。
通関士の合格発表時期や確認方法
通関士試験の合格発表は、例年11月下旬〜12月上旬に行なわれ試験会場と同じ場所で行われます。
合格に必要な勉強時間
通関士の試験に合格するためには、通学や通信講座を受講しているという前提ですが、 まず基礎問題については、平均して200時間の確保が必要といわれています。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法