通関士 合格率

通関士試験の合格率

ここ数年の受験者数・合格者数・合格率

受験者数 合格者数 合格率
平成19年度 10,695人 820人 7.7%
平成20年度 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年度 10,367人 807人 7.8%
平成22年度 9,490人 929人 9.8%
平成23年度 9,131人 901人 9.9%

 

国家試験である通関士は、試験を受けた人のどのくらいが合格しているのかというと、
ここ5年間で見てみると、平成20年度を除いて10パーセントを切る低い合格率になっています。

 

平成17年度までは、10%以上の合格率で推移してきましたが、特に、平成18年度から一気に7%台の合格率に突入し、一気に難易度が上がりました。

 

その理由として、試験形式の変更があります。

 

試験方式は、平成18年度に大きく変わりました。
マークシートと記述式という組み合わせから、全問がマークシート方式になったのです。

 

一方、通関士試験に合格するには、60%以上を確実に得点すれば合格できるという特徴があります。

 

問題が難しくなれば年によって合格率は大きく変わりますが、60%以上の得点を取れれば合格できるわけです。

 

合格率はあまり意識せず、60%以上の得点を取ることに意識を集中したほうがよいでしょう。

 

そのためには、しっかりと試験対策を考えて勉強していくことが大切です。

 

たとえば、通関士試験の配点には特徴があり、
穴埋めが5つあって、全て正しく埋めて初めて得点になったりするようなものがあるので、小さなミスが大きな問題に繋がってしまいます。

 

こういった対策をすることが最優先なのに、通関士試験は難しいというイメージが先行して、

 

勉強の範囲を広げたり、細かな知識まで追い求める受験生が多いこともいえるのです。

 

ですので、合格率が一桁だからといってまったく諦める必要はありません。
合格率に惑わされることなく、3科目の学習を確実に積み重ねれば、通関士の難易度はそう高いものではないといえます♪

 

では、初めて通関士試験に挑戦する受験生は、どのように受験対策を取ればよいのか戸惑うかもしれません。

 

そこに、資格スクールの存在意義があると思うのです。

 

資格スクールの講座であれば、合格に必要うな勉強量をある程度示してくれますから、どれだけ勉強すればよいのかという計画を立てやすくなります。

 

この点が、独学で勉強していくこととの大きな違いになります。

 

分厚いテキストをいくら時間をかけて勉強していっても、さっぱり問題が解けないという事態になってから慌てても後の祭りです。

 

通信講座は初めて通関士の勉強をする人もわかりやすいようにポイントを絞っていてくれているし、
その中でわからないことに関しては講師に聞いて詳しく教えてもらうことが出来ます。

 

学校などではみんなの前で聞くのが恥ずかしいと思ってしまうこともあるかも知れませんが、
通信の場合にはマンツーマンですからそんな気持ちになる必要もありませんね。

試験の難易度は?

通関士は国家資格の中でも、難易度はかなり高いものとして扱われています。

 

貿易に関してのプロとしての知識を持っていなければなりませんから、勉強量も多く、通関に関わる税金や法律をしっかり学んでおかなくてはなりません。

 

万が一どこかで間違いが起きてしまっては取り返しがつきませんから。

 

通関士は貿易会社などの企業に必ず1人いなければなりませんから、海外との取引が増えていくであろうこれからの時代にはニーズがどんどん高まっています。

 

とはいえ通関士になるためには、試験に合格するだけじゃなく、企業などからの確認が無ければいけません。

 

難易度は高い資格ですが、受験者はそんなに多くありませんから、ある意味マイナーであって、受験する人は穴場狙いといったところです。

 

難しい試験を敢えて受けようとする人は少ないですが、一度資格を持ってしまえばその後はずっと資格をいかしていくことができるので、とても重宝します。

 

ただやはり勉強そのものについての方法がわからずに、くじけそうになってしまうという人も多いです。

 

ですから、試験に向けて特化した勉強をするためにも、通信での勉強をするというのが効率がよく、まずはいくつかの通信の資料を請求してみて、試験に必要な勉強のポイントはどこなのか、間違えやすいポイントはどこなのか、などについて、しっかりと把握することから始めていくようにすると良いと思います。

 

ポイントが掴めて、過去の問題がわかってくれば、不得意な分野についても少しずつクリアしていくことができると思います。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

通関士試験の合格率は?関連ページ

通関士試験の受験資格
通関士の試験を受けるための受験資格はというと、特に決まったことはありません。 いつでも目指そうと思えば誰にでもチャンスがあります。
通関士試験の科目・配点・出題形式は?
通関士試験の出題科目・配点・出題形式について調べました。
貿易事務・宅建の難易度比較
通関士の資格と良く比較されるのが宅建や貿易事務の資格です。
通関士の合格発表時期や確認方法
通関士試験の合格発表は、例年11月下旬〜12月上旬に行なわれ試験会場と同じ場所で行われます。
通関士に英語力は必要か
通関士を目指していきたいと思っている人の中には、職業柄英語が出来なければいけないと思っている人もいるようですが、必ずしも英語が出来なければいけない訳じゃありません。
合格に必要な勉強時間
通関士の試験に合格するためには、通学や通信講座を受講しているという前提ですが、 まず基礎問題については、平均して200時間の確保が必要といわれています。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法