通関士 試験内容 難易度 比較

貿易事務や宅建と通関士の難易度を比較してみました

通関士の資格と良く比較されるのが宅建貿易事務の資格です。

 

これらの資格の難易度については、どれも同じようなレベルとみなされることもあるようですが、宅建や貿易時事務とはレベルは実際には大きく違うという前提で試験に臨まれたほうがよいと思います。

 

貿易事務の場合には段階的に試験を受けていくことになりますから、嫌でも前もって勉強をしたことは頭に入っていて、忘れてしまうということがありません。
ある意味、学校に通っていて、授業をしっかり受けていれば、問題なく合格することができると思います。

 

また、宅建については穴埋めがなく、選択肢のマークシートなので、出題ポイントだけに焦点絞って勉強すれば、仕事をしながら3か月程度の勉強期間でも合格することが可能です。

 

その点、通関士については、合格率が一けた台という現実を見ても分かる通り、
しっかりと受験対策を立てて勉強に取り組まないと、とても合格ラインにはたどり着くことができません。

 

特に、どれだけ勉強しても解けないような難問も出題されたり、一定の基準点に達しないと、どれだけ総得点がよくても合格できない場合もありますから周到な準備が必要です。

 

 

通関士試験に確実に合格したいのであれば、

 

通学や通信という資格スクールを使いながら本格的に勉強をする必要がある
という前提がいわば常識化している感じです。

 

独学で合格できるラインまでしっかりと把握するのはとても難しく、どうしても難しい分野にぶつかってしまい、問題の解き方がわからなかったりすることがあるし、実務試験に関しても、今まで経験のない人が急に覚えていくのは無理があります。

 

特に、どれだけ勉強すれば合格ラインに届くのかが独学ではわかりにくいために、
むやみに細かな知識を追い求めがちで、勉強量が増える割には合格できる実力がなかなか付かないという負のスパイラルに陥ってしまいがちなんですね。

 

通関士試験は、宅建や貿易実務検定よりも、とても難易度が高い試験だという意識で勉強に取り組んでいただくことが、通関士という難関試験を突破する上では必要だと思います。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

貿易事務・宅建の難易度比較関連ページ

通関士試験の受験資格
通関士の試験を受けるための受験資格はというと、特に決まったことはありません。 いつでも目指そうと思えば誰にでもチャンスがあります。
通関士試験の科目・配点・出題形式は?
通関士試験の出題科目・配点・出題形式について調べました。
通関士試験の合格率は?
国家試験である通関士は、試験を受けた人のどのくらいが合格しているのかというと、ここ5年間で見てみると、平成20年度を除いて10パーセントを切る低い合格率になっています。
通関士の合格発表時期や確認方法
通関士試験の合格発表は、例年11月下旬〜12月上旬に行なわれ試験会場と同じ場所で行われます。
通関士に英語力は必要か
通関士を目指していきたいと思っている人の中には、職業柄英語が出来なければいけないと思っている人もいるようですが、必ずしも英語が出来なければいけない訳じゃありません。
合格に必要な勉強時間
通関士の試験に合格するためには、通学や通信講座を受講しているという前提ですが、 まず基礎問題については、平均して200時間の確保が必要といわれています。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法