通関士 就職 将来性

通関士合格した場合の就職や将来性は?

通関士というのは普段聞きなれない仕事ですが、どんな業務をしているのかというと、海外からの輸入品をチェックして、書類の通りの商品かどうか、偽りがないかどうかを調べたり、その商品に対してかかってくる関税がいくらなのかということを計算して輸入者に伝えたり、1日の商品のデータをパソコンなどに入力して書類を作成したりします。

 

わかりやすいのが、近年問題となっている偽物のブランド品などについて、怪しいと思ったものはチェックをして、本物で無かった場合には税関で差し止めて、輸入者に連絡をしたり、商品の廃棄をしたりします。

 

またこのほかにも、貿易会社に勤務をして、海外からの輸入品の選別や、近年の動向を調べながらどういったものを輸入するのが良いのかなどを考えたりもします。

 

通関士は輸入者と関税側との間に立って、双方の意見や輸入者からの問い合わせに応じたりもします。
質問に対して的確に答えることができれば問題ありません。

 

英語力が無ければ出来ないのではないかと心配になる人がいるようですが、これについては書類の単語を読むことができれば、英会話などが出来なくても仕事をすることができます。

 

通関士が直接海外の人と話をしたりすることはなく、大抵の場合には専門の担当がいますから、通関士の仕事ではありません。

 

ですから最低限の単語が読めて、通関に関しての専門知識や経験があれば、通関士として働くことは十分に可能です。

 

とても特殊で難しい仕事内容だと思ってしまう人がいるようですが、そこまで心配することはありませんから、あまり怖じ気づく必要はありません。

通関士の就職・将来性記事一覧

通関士が求められる求人先

通関士になることでどんな職場でのニーズがあるのかということは、とても気になることだと思います。通関士といっても勤務先はとても沢山あって、空港や運送会社、薬品取引の企業、その他食品や衣料の貿易を行う会社での勤務があります。こうした仕事に携わってきたことがない人は、資格を取っても需要が無いんじゃないかと...

≫続きを読む

通関士の将来性は

通関士になっても将来性が無いのであれば、頑張って資格を取らなくても良いのかな。と悩んでしまう人もいるようですね。通関士の勉強はとても量が多く、中々覚えられないようなこともあるので通関士の資格を取っても意味がないとなると、途中で投げたしたくなってしまうこともあるかと思います。でも資格を取ってからの将来...

≫続きを読む

通関士で独立は可能か?

通関士は国家資格の中でも、○○士とつく資格ですから、弁護士、会計士、司法書士、などのように、個人で事務所を構えて仕事をしていくことができると意気込んでいる人もいると思います。確かにやる気になればできない事ではありませんが、基本的には独立をしないで、企業に勤務をしているケースがほとんどです。通関士の業...

≫続きを読む

通関士資格があれば就職に有利か?

資格が無ければ働けない職業もあれば、資格が無くても働けるけど、あったほうが有利という仕事もありますよね。通関士試験合格を狙う場合、「就職や転職に資格を役立てたい」という方が自然ですね。とはいえ、1年に1回の試験ですから、タイミングよく合格できるものでもありません。通関士の仕事に興味があるにもかかわら...

≫続きを読む

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法