通関士 求人先

通関士が求められる求人先

通関士になることでどんな職場でのニーズがあるのかということは、とても気になることだと思います。

 

通関士といっても勤務先はとても沢山あって、
空港や運送会社、薬品取引の企業、その他食品や衣料の貿易を行う会社での勤務があります。

 

こうした仕事に携わってきたことがない人は、資格を取っても需要が無いんじゃないかと心配になるようですが、通関士が求められる求人先というのはどんどん増える一方となっています。

 

経験がない状態で勤務をはじめてから通関士の資格を取ることを目指してもいいし、資格を取得してから職場を見つけることもできるので、貿易に興味があって、アグレッシブに働きたいと思っている人は、通関士を目指していくと良いでしょう。

 

 

近年食品だけにとどまらず、衣料などの輸入、機械類などの輸出はどんどんさかんになってきているので、通関士はこれからもっと必要とされていくと言われています。

 

専門職ということもあり、貿易のプロとして活躍していくと共に、
英会話ができたりするようなスキルを持っていれば、なおさら活躍の場面は広がっていくと思います。

 

試験に合格するまでの勉強は大変ですが、それでも資格を取れば就職に有利というイメージがあることから、ある程度の年齢になってから資格を取るという人も増えています。

 

貿易と聞くと、難しく考えてしまいますが、国内の活性化のために先端に立ち、
日本の経済を支えていく仕事ですから、やりがいはとても大きいです。

 

資格を取るための勉強もコツを掴めばそんなに難しくないと思います。

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

通関士が求められる求人先関連ページ

将来性は
通関士の勉強は量が多く、多くの時間が必要なので、通関士の将来性を感じないと、途中で勉強を投げたしたくなってしまうこともあるかと思います。
独立は可能か?
通関士の資格の場合、基本的には独立をしないで、企業に勤務をしているケースがほとんどです。
資格があれば就職に有利か?
通関士資格を取った後の就職や将来性について調べました。

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法